imaha.txt

某理系大学の学生であるいまはが技術的に成長していくかもしれないブログ 。詳しくはご挨拶を読んでください。

CubeMXにHALdriverを入れる方法[自分用メモ]

あけましておめでとうございます。

imahaです。

お正月を無駄にしそうな機運が高まってきたので書く気が起きたタイミングで書くべきと思った記事をしたためております

まとめておかないとしばらくして忘れる

毎度ですがまちがってたり情報古かったりする可能性ありますが自分用メモなのでゆるちて……。あと教えてもらえるとありがたいです。よろしくお願いします。

1.この記事の意図

今回の記事はこの前STMを布教した際に前回の記事だと不備があったことに気づき、書かなければならなかったことに気が付いた。

その書くことを忘れていた不備というのはタイトルまんまなのですがHALdriverの入れ方です。

cubeMXはインストール段階では関数が定義されたライブラリー(HALdriver)が入っていないためピン設定をされたソースコードを含むプロジェクトの生成をすることしかできず、ライブラリーが生成されたプロジェクト入らない。

今回はそのドライバーの入れ方をまとめておく。

2.ツール

・cubeMX

・STM32nucleo32F303k8

(二つ目はドライバーはSTMのマイコンシリーズごとに用意されており、入れ方自体は特に変わらないが、ネットにおいてよく使われているところを見るnucleo32F303k8を想定しておくという意味で)

3.作業

ここから先は具体的な作業を示す。

3.0.プロキシ

もしも学内から行う場合は必要な時もあるので一応書きますが、家からすべての作業を行うならいらない(だから0にした)。

3.0.1.updater settings を開く

要するにライブラリー他をアップデートするときにどういう風にネットに接続するかの設定画面。

まずcubeMXを開きした画像で青矢印で示された箇所をクリック f:id:imaha1213:20180102011010j:plain

すると次のような小窓が開くので下画像の青矢印の箇所をクリック f:id:imaha1213:20180102011104j:plain

3.0.2.proxy設定

次に具体的なproxyの設定を行う

まずここまでの作業で新しいwindowが開いていると思うので、そのウィンドウの中のconection paramatersというボタンをクリックする。そうするとしたのような画面になる。

f:id:imaha1213:20180102011703j:plain (上画像の青矢印で示したあたりのconection parameters)

ここでproxyを使わない場合はnoproxyにチェックをして終了。

proxyを使った通信(学内からの通信)でドライバーやアップデートをインストールする場合、オレンジの矢印で示したmanual configration of proxy serverをクリック。

そして使うmanual configuration of proxy server のproxyサーバーのHTTPとportを入力する

電通大の場合

proxy http は proxy.uec.ac.jp

port は 8080

さらに電通大の場合その下のrequire authenticationをクリックし学内アカウントのIDとpassを入力する。

最後にcheck connectionをクリックして緑のチェックマークが出れば成功。

3.1.ライブラリーのダウンロード

ここから先はこの記事の本論であるHALdriverの入れ方を示す

3.1.1.Install New Libraries画面を開く

平たく言うとどのライブラリーを開くか選択する画面を開く

下の画面の青矢印で示されたInstall New Librariesをクリックする

f:id:imaha1213:20180102013241j:plain

3.1.2.ライブラリーをインストールする

次にライブラリーをインストールする(まんま)

ここまでの作業で下画像のような画面になっていると思うので、ウィンドウをスクロールして自分が用いるシリーズのライブラリーを探す。

今回はF303k8を想定しているのでF3のドライバーを探しスクロールする。

すると下のような画面になると思うので、インストールしたいライブラリにチェックマークを付ける。 (ミドリにチェック付けるとこが染まてるのはすでに僕がインストールした後だから。わかりにくくてすません) f:id:imaha1213:20180102014038j:plain

最後にインストールしたいライブラリにすべてチェックを付けられたらオレンジの矢印で示してあるInstall Nowボタンをクリックして完了。

結構容量でかいのでしばらく時間かかります。気長に待ってください。 あとPCの容量がのこり1GB切っててかつかつとかだと途中で止まることあるっぽいのでエラー吐かれたらそことあとproxyとかの通信周り疑ってください。

各シリーズ一番上にあるライブラリーが最新版です。ただたまにバグがあったりするのでそこら辺を調べたり、ネットでほかの人のまねをしてうまくいかないときはバージョンの違いなども疑う対象になるかもしれないです。

4.まとめ

というわけで前回記事で書き忘れていたライブラリの入れ方とプロキシ設定を書きました。 あとこの手のことで書くとしたらcubeMX自体のアップデート方法かなあ。