imaha.txt

某理系大学の学生であるいまはが技術的に成長していくかもしれないブログ 。詳しくはご挨拶を読んでください。

ヒューマノイドの脚

久しぶりに設計を行いました。

f:id:imaha1213:20160228002645p:plain

 

ほかの人の設計をかなり真似て参考にして作ったもの(とはいっても真似たのは要素としてで、一見した形はそのロボットとは全然似ていないのですが)。

前二回の設計と比べてかなりクオリティの上がったものになったのではないかと思っています。

 

前二回のCADは下のような感じです。

f:id:imaha1213:20160228003029p:plain

f:id:imaha1213:20160228003047p:plain

 

こうしてみると一個目と二個目の間で大きくクオリティが上がってるのがわかりますね。

この二つは一週間で一気に作ったものだったのですが、短い期間ながら一個作る前と作る後だと全然違いますね。

 

三つめは前二つとは使っているサーボが違いフリーホーンが標準搭載されているため設計が楽だったとはいえ、クオリティはまた上がったように思います。

ついでに前から見たときのCADも上げておきますね

 

f:id:imaha1213:20160228003829p:plain

f:id:imaha1213:20160228003951p:plain

f:id:imaha1213:20160228004013p:plain

 

思った以上に違いますね。

そして一個目が想像の五倍くらいひどい。

ごついよりは細身なほうがかっこいい印象を受けますね。

一個目と二個目でかなり無駄な空間の多い設計をしてたなーと。

それでも三つめもリンクから膝にかけて幅を取りすぎてる感が否めませんね。

けれどもこれはサーボの大きさに起因するものなのでサーボを変えるorサーボを改造するという行動をとらないと改善できないのでそこら辺を考えていこうかなと思います。

 

まあこんな感じで上げましたがまだリンクの合成が終わってないしそもそも上半身できてないしなのでそこら辺をとっととやっていきたいです。

機体設計以外にも回路とかpythonとかいろいろやってみたいことが山積みなので春休みはできるだけ多くのことをやっていきたいと思います。